女性の転職

公開日: : 最終更新日:2014/01/31 採用担当の本音を知る

 女性も男性と同様に働ける様になってきたとはいえ、まだまだ先進国に比べると、遅れている日本ですが、国のせいにしていても何も始まりません。
1990年ころの女性の平均初婚年齢は25.9歳でしたが、2010年ころでは、28.8歳と年々晩婚化が進んでいます。この背景には、女性が社会で活躍出来る場が増えた事が大きな要因となっているようですが、まだまだ中小企業の多くは、女性の採用というと一段構えてしまう会社も多い様です。

中小企業が女性の採用に奥手な理由

 晩婚化が進んできた大きな理由の一つに「女性の活躍出来る場が増えた」事があげられますが、日本全体で見るとあまり変わっていないといった印象をお持ちの方も多いと思います。
特に中小企業の採用現場では、同じスキルなのであれば男性を採用する会社の方が圧倒的に多いのでは無いでしょうか。
中小企業が女性採用に奥手な理由を上げてみます。

  • 女性は結婚して辞めてしまうかもしれない
  • 男性に比べ、会社に対する依存が低い
  • 出産などで、育児休暇を与えなければならない
  • プレッシャーに弱い

 この様な理由から、女性社員の雇用に積極的では無い企業が今もなお、多く存在しています。
私が人事担当だった頃、大きな会社ではありませんでしたが、女性の積極的な採用を行なっていました。これまで、チャンスに恵まれなかった方も多い様で「頑張っても評価してもらえない」と考えている方が多くいらっしゃいましたが、社員研修で「男も女も何も変わらない。結果を出せば誰にでもチャンスがある」と説明をすると、女性はとても目を輝かせていました。私自身が差別意識を持っていないせいか、他の企業ではどんな扱いを受けて来たのだろうか。と考えさせられる事もありました。

面接での印象

男性と女性、採用後の成長を見ると、女性の成長には目を見張るものがあります。しかし、面接の段階での評価はあまり良くない方が多いのです。
先にも書きましたが、女性自身が男性との差を意識しているせいか、面接では消極的で、良いものを持っていてもあまりアピールをしてこない為、こちらから積極的に良さを引き出すような質問をしてあげる必要がありました。
恐らく、他の会社では不採用になるであろう印象の方も、工夫した面接をする事により、採用後に役職について活躍をされた方が何人もいます。

 女性が、女性専用の求人媒体以外で転職活動をされる際、もっと自分をアピールするべきだと思います。
中小企業の採用担当者が、女性の雇用で気にしている点は上記項目に取り上げた事ですので、自ら、説明をするくらいの意気込みでも良いのではないでしょうか?
「私は、仕事をして自分自身を高めていく事を、結婚をしても続けたいと強く思っています。」、「まだ予定はありませんが、出産する際にはお休みを頂きご迷惑をおかけするかもしれませんが、出来るだけ早い段階で復帰する考えでいます」と。

女性に特化した求人サイト

上記の様な理由から、女性を積極採用をしようと考えている企業に応募するのも内定率を上げる為の方法です。女性に特化した求人サイトをまとめてみましたので、まだ利用していない方はどうぞ。

  • 女の転職@type
  • 女性コンサルタントによる女性のための無料転職サポート
  • 採用担当の方へ

    このページは、採用担当の方にもご覧を頂いている事も多いので、メッセージとして添えさせて頂きます。
    私が、女性を積極的に採用をし始めたのは、人事担当になって数年経ってからでした。当初は男性を中心に採用を行なっていました。特に意識的に採用はしていませんでしたが、応募が男性の方が圧倒的に多かった為です。
    ある時をきっかけに、女性の採用に力を入れ始めたのですが、女性社員は、男性社員の何倍も努力をし、責任感を持って仕事を行なっていました。「その人がそうだったんじゃ?」という声も聞こえて来そうですが、30名以上の女性を採用し、そのほとんどの方が同期の男性社員より、スムーズに結果を出しています。
    特に、営業職ではトップ3が女性という月もあるほど活躍をしており、男性社員の良い刺激になっていたのを覚えています。

     確かに、女性は出産・育児などで長期的に休業をしなければならない場面もありますが、男性はどうでしょうか?
    男性だからと言って、一度入った会社を辞めないのですか?
    男性は全員帰属意識が高いのですか?
    女性と男性が公平では無い現場で、女性が結果を出さないのは当たり前ではないですか?
    少し考えてみれば、その差はあまりにも小さなものでは無いですか?

     綺麗事を言うつもりではありませんが、現場で採用を行なっていた生の声として、日本の採用担当の方に一度考えてもらえれば幸いです。

    転職サイト一覧
    スポンサードサーチ

    関連記事

    絶対に企業が採用したく無いのはこんな人

     多くの面接をしていると、少し話しをしただけで、どのような方なのかを大体つかむ事がが出来るようになっ

    記事を読む

    書類選考は採用担当の目に触れてから1分で決まる!?

     みなさんは、自分が一生懸命考えて綺麗に仕上げた履歴書を企業の採用担当者がどれだけの時間をかけて見て

    記事を読む

    既婚者の転職

    面接の時、面接官はまず履歴書に目を通し突っ込む所を探します。 気になる部分は、不要家族の有無。

    記事を読む

    異業種への転職

    先日、無料相談フォームより、転職を考えている方より、お問い合わせがありました。 転職をする際、異業

    記事を読む

    だめな質問

    面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

    ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に企業が応じる時間が取られます。

    記事を読む

    新着記事

    だめな質問

    面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

    ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に...

    記事を読む

    面接時の転職理由に関しての相談

    題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし...

    記事を読む

    厚生労働省データ

    転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

    年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後...

    記事を読む

    年収アップの転職術

    年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

    転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。 ...

    記事を読む

    未払い残業代の計算方法と請求方法

    自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無...

    記事を読む

    ad1

    だめな質問
    面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

    ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に

    面接時の転職理由に関しての相談

    題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし

    厚生労働省データ
    転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

    年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後

    年収アップの転職術
    年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

    転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。

    未払い残業代の計算方法と請求方法

    自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑