集団(グループ)面接の攻略法

公開日: : 最終更新日:2014/01/31 面接の受け方

集団面接

 主に新卒の面接で行う事の多い、集団面接ですが、大量採用を行う場合の中途面接で実施している企業は少なくありません。
人事担当から見た場合、集団面接の良い部分は何と言っても、コミュニケーション能力をしっかりと把握出来る点にあります。
1対1の面接では力を発揮出来る人でも、複数人の前で答えるグループ面接の場合は、いつも以上に緊張をしてしまいます。

 また、同じ質問をあえて繰り返し行った場合、空気的に後半の応募者は、「同じ事を答えるのは良くなさそうだな」と考えあえて、ひねった回答をしてくれる場合があります。こういった応募者は、空気を読み状況に臨機応変に対応出来る能力が高いと判断出来ますが、個別面接ではもしかするとその能力を見過ごしてしまうかもしれません。

こういった少し違う状況に置く事で、応募者の良い面を見る事が集団面接を行う、側のメリットと言えます。
逆に応募者にとってはやりにくい状況は否めません。
個別面接とは角度の異なったポイントをまとめてみたいと思います。

1.グループディスカッション形式の場合

複数人の応募者が一つの会議室に集まり、公表された一つのお題について議論をする【グループディスカッション】と呼ばれる形式の面接があります。
新卒で就活を行なっていた方は、経験されているかもしれませんが、最初に面接官が「○○についてみなさんで議論して下さい」と投げかけ終了時刻を伝えます。後はその場にいるメンバー(企業側の社員も議論に参加する場合もある)が、議論を行います。
この面接の難しさは、「お題=質問」では無い点です。個人面接では質問に対し回答していれば良い(受け身)のですが、グループディスカッションでは、自分自身が率先して会話を作ったり、しなければ活躍出来る場がありません。その場の応募者達もそれを理解し、会話を行いますが、「何か話そう・理論的に説明しよう」と空回りをする方もいます。
グループディスカッションでは、

  • 誰かが振る話しにしっかりと乗っかる
  • 自分の意見を端的に言ってみる
  • 話しの流れを見る(話し過ぎない)
  • 説明が終わった人に質問を投げかけて見る

だけを行なっていれば、悪い印象は与えないでしょう。
一番大切なのは、その場の空気を乱さない事です。うまく説明をしようとせず、あくまで端的に。

2.面接官複数人、応募者複数人の場合

複数人の面接官がいる場合、面接官と仲良くなる時間が無い為、どこか事務的に面接が進んでいきます。企業によって大きく変わりますが、複数人の面接官で役割が異なる場合があります。
例えば面接官が3人いて、2人しか質問をしてこなければ、もう一人は質問を受けていない応募者の目線や態度を観察している可能性が大きいです。
見られている”目”が多いので、自分が質問を受けていない場合も気を抜かない様にしましょう。
他の応募者が回答している時には、話をしている相手に軽く目線を置いておきます。話しに過度に頷いたりするのはNG。あくまでも、自然に目を向ける事。

3.周りと比較する為の集団面接

 グループで行う面接の場合、応募者同士を比べる事が出来るので、企業としては選考しやすい方式です。逆に応募者側は、自分の力を100%発揮出来たとしても、そのグループ内に優秀な人が多ければ、普通の人に見られてしまいます。運にも大きく左右される集団面接ですが、以下の事に気をつけて望みましょう

  • 自分より大きい声の人がいた場合は、それに合わせる
  • 前の応募者と同じ質問をされた場合に備え、回答のバリエーションを用意しておく
  • 他の応募者と自分の扱いが明らかに違うと感じても平常心。(詳細は次へ)

4.他の応募者と自分の扱いが違う

 集団面接では、中にはかなり突っ込んだ質問(圧力をかけたような)をする場合があります。その方のみに対し行い、他の応募者には行いません。私の場合は意図があってこういった事を行うのですが、仮に3人の応募者がいて、A、B、Cさんだったとします。Cさんはプライドが高そうな印象を受けた場合、Cさんに対しては圧力をかけた質問を行い、どのように回答をするかを観察します。
個人面接であれば、Cさんも大人になって切り返せるはずですが、別の応募者がいる事によって、ムキになってしまったりしやすい状況です。A,Bさんに普通に接するのは、Cさんに「他の人と態度が違う」と気づかせる為だったりもします。

こちらも、良い人材を採用したいので、こういったトリックなどを組み合わせた面接を行います。圧力のある質問をされた場合でも決して感情的に答えないよう注意しましょう。

5.時間を意識する

 個別面接とは異なり、応募者が複数人いますので、回答はより的確に行うよう心がけます。周りにライバルがいる分自分のアピールをしなくては!となる部分はグッと抑え、短くまとめた回答を行うのがポイントです。
説明が足りない場合は、「面接官が付け足しの質問をしてくれます」本当にこのくらいの回答が空気を読んだ回答なんです。

6.挙手などは率先して

 集団面接で一番目立ってしまうのが、「何か質問はありますか?」「この事について意見を下さい」など、応募者が同時に発言権を持つ場合です。
挙手をしない応募者は、面接官から見ると意欲にかけている様に感じ取れます。時間の制限がある分、発言権を得た時には、周りに応募者がいるからこそ率先して挙手をしましょう。

転職サイト一覧
スポンサードサーチ

関連記事

面接官とのコミュニケーション

面接官とのコミュニケーション

面接官と応募者、どちらが上というのは本来無いものです。企業は良い人材に入社してもらいたい訳です

記事を読む

面接の服装

夏(暑い時期)の面接

毎年、7月8月に面接を行なっていると、真面目にダークスーツに身を包み面接会場に来る求職者を目にしま

記事を読む

お礼状の書き方

面接のお礼メール(手紙)例文

面接後、お礼のメールや手紙を出す事で、印象が変わるのか。 結論から言えば、印象は良くなります

記事を読む

当社以外に応募している企業は?

当社以外にどういった企業を受けていますか?

 「当社以外にどういった企業を受けていますか?」という質問には色々な意図が含まれています。 不

記事を読む

服装

面接の服装

 中途採用の面接を行なっていると5人に1人は、面接時の第一印象で明らかにマイナス評価をされる方が

記事を読む

新着記事

だめな質問

面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に...

記事を読む

catch056

面接時の転職理由に関しての相談

題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし...

記事を読む

厚生労働省データ

転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後...

記事を読む

年収アップの転職術

年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。 ...

記事を読む

LIG_kuyasikutenamidasuru500

未払い残業代の計算方法と請求方法

自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無...

記事を読む

ad1

だめな質問
面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に

catch056
面接時の転職理由に関しての相談

題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし

厚生労働省データ
転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後

年収アップの転職術
年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。

LIG_kuyasikutenamidasuru500
未払い残業代の計算方法と請求方法

自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無

→もっと見る

PAGE TOP ↑