キャリアや未経験などの状況に合わせた求人媒体選び

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 お役立ち情報

今や、新卒でも中途でも、就職先を探す時には、一般的に求人サイトを利用した活動が行われていますが、自分の方向性やキャリア、思考などによって、使った方が良い媒体、使わない方が良い媒体がある事はご存知でしょうか。

中小の求人サイトを合わせると、管理人が把握しているだけでも100以上の媒体が存在していますが、これら全てに登録するのは効率が悪くなります。
また、的を絞って求人サイトに登録をしても、自分の思考と合わない媒体だと、自分の好みの企業がなかなか見つからなかったり、転職はしたものの会社の雰囲気が合わなかったり、自身のキャリアが生かせない。等の弊害が出てきます。

求人サイトを運営している会社によって、ターゲットとしているユーザー層が異なる為、自分に合った求人サイトに登録をして置くことで、時間的にも有利な転職活動を進める事ができます。

求人掲載企業の考え

 転職・就活をしているユーザー以上に、企業側もミスマッチ無く良い人材を採用して行きたいと考えています。
その為、媒体の色を良く調べ、欲しいユーザーが多くいそうな求人サイトに広告を掲載します。

求人サイトの大まかなカテゴリ

 求人媒体は大きく次の様に分類をする事ができます。

  • 正社員・アルバイトなどの「雇用形態」
  • 男性向き・女性向き等「性別」
  • 未経験・ステップアップなどの、「キャリア」
  • アパレル・飲食等の「職種」

これらの中で、自分が一番何を求めてるのかをベースに、メインで利用する媒体を選定する必要があります。

女性なら

 女性は企業にとって採用のしにくい層です。かといって、企業側も誰でも女性なら良いとは思っていません。
長く働いてくれるか、自分のキャリアの事を考えているか、仕事に対する熱意はあるか、など一般と同じような視点で、採用を行います。

女性の場合は、共通媒体と、女性専門媒体の2つを活用する事で、自分にあった企業が見つけられるでしょう。

女性にオススメの媒体

  • 女の転職@type
  • とらばーゆ
  • キャリアを活かす、伸ばすなら

     技術関連職や特定の資格を持った方なら、一般の求人媒体より、キャリア志向の強い求人サイトを活用する事をオススメします。
    一般サイトは、自分自身で企業を探す形で、登録ユーザーから企業の情報が全て確認出来る形で公開されている事が多いですが、キャリア系の媒体では「非公開求人」と呼ばれるものが存在します。
    非公開求人は、例えば、上場企業のA社で広報部門の部長クラスに空きが出てしまったが、同部門には人材がいない。そういった場合、一般求人として出してしまうと、A社の広報部門社員のモチベーションが下がってしまいますよね?
    こういう場合に非公開求人を利用する事があるので、年収やポスト面が多の企業より優遇されているケースがあります。また、キャリア媒体では、エージェントと呼ばれる専門のスタッフが、求職者のスキルや人間性を把握し、合う企業に推薦してくれたり、その逆もあるので、ある程度キャリアに自信がある方は利用する事が吉と言えます。

    キャリア系でオススメの媒体は、

  • リクルートエージェント
  • 株式会社パソナキャリア
  • 未経験でもチャレンジしたいものがあるなら

     第二新卒や、前職(現職)と関連の無い業界へ転職する場合、未経験でも応募出来る求人が多い媒体に登録しておくことで、内定の確率がグッと上がります。
    未経験でも可能な企業は、研修精度がしっかりしていたり、資格や学歴より、人間性重視の採用をお行なっているケースが多いので、そういった企業に入社したい方にとってもオススメの媒体です。

     未経験OKの求人が多い媒体は、

  • はたらいく
  • ワークタンク
  • 特定の業界へ転職したい方

    アパレルや飲食、ITなど特定の業界に興味がある方は、専門の転職サイトを活用した方が、多くの求人を見る事ができます。
    カテゴリ別の求人サイトは、求人サイトランキングに掲載をしていますので、確認してみて下さい。

    転職サイト一覧
    スポンサードサーチ

    関連記事

    ブラック企業は言葉が一人歩きしただけ

    最近「ブラック企業」という言葉を耳にする機会が多くなりました。 流行語なんでしょうか^^; 現代

    記事を読む

    未払い残業代の計算方法と請求方法

    自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無い。 と思っていても、労働基

    記事を読む

    新着記事

    だめな質問

    面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

    ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に...

    記事を読む

    面接時の転職理由に関しての相談

    題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし...

    記事を読む

    厚生労働省データ

    転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

    年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後...

    記事を読む

    年収アップの転職術

    年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

    転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。 ...

    記事を読む

    未払い残業代の計算方法と請求方法

    自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無...

    記事を読む

    ad1

    だめな質問
    面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

    ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に

    面接時の転職理由に関しての相談

    題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし

    厚生労働省データ
    転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

    年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後

    年収アップの転職術
    年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

    転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。

    未払い残業代の計算方法と請求方法

    自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑