面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

公開日: : 採用担当の本音を知る

だめな質問ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に企業が応じる時間が取られます。
この時、それまでどれだけうまく、面接をこなしていったとしても、聞いてしまうとそれだけで、マイナスイメージを与えてしまう質問というものがあります。

面接で聞いてはいけない事

残業はありますか?

ほとんどの場合、求人原稿には平均残業時間などの明記があります。
これを確認する為、または通常では考えられない残業時間になるのかを聞きたいのでしょうが、
これらの質問をする事で、面接官は
「一生懸命働かない」
「決められたこと(時間)しかやらない」
「仕事よりプライベートを優先したい」
などの印象を受ける事になります。

いくら、志望動機で熱意あふれる言葉を並べても、こういった質問をする事により、前の発言とのギャップができてしまい、墓穴を掘る結果に。

残業の有無を聞きたい場合は、オブラートに包み
「◯◯の業務は、バリバリ働けるイメージがありますが、1日の流れはどのような感じですか?」や
「業務をスピーディーに終わらせる為に、土日に出勤する事は可能でしょうか」
のように聞いてみてはいかがでしょうか。
面接官の回答次第で、実情が見えてくると思います。

出産後、仕事とプライベートの両立は可能でしょうか

この質問は完全にアウトです。
質問の意図としては、出産した後、配慮があるのかを聞きたいのでしょうが、面接官は、
「出産したら育児に専念したいんだな」
と捉えます。

育児を優先させる事は全く悪い事ではありませんが、面接では面接官が求職者の本心を見抜く為の時間です。
「出産後もバリバリ働きたいです」
と言っておきながら、このような質問をする方は、受かってしまえば仕事よりもプライベートを優先させる事は目に見えて明らかです。

頑張れば◯◯する事もできますか?

この質問は、例えば、営業の求人に応募している方が、『営業成績が良ければ、経営企画に部署異動できますか?』
といったイメージの質問です。

一見すると、向上心が見られる質問に感じますが、まだ行った事も無い業務で成果を上げたら、別の事ができるかという意図ですよね?
そもそも、求職者は
「営業がやりたいわけでは無い」
と捉えられるので、同じラインの求職者が複数人いた場合は、確実に『営業がやりたいです』と意欲のある求職者が内定する事になるでしょう。

雇用保険などの条件はどうなっていますか?

恐らくこの質問をする方は、過去にブラック企業的な会社に入ってしまい、痛い目を見られたのかもしれません。
そして、ベンチャー企業以外であれば、特に問題の無い質問です。

しかし、ベンチャー企業への応募でこの質問は控えた方が無難です。
なぜなら、ベンチャー企業(創造的・革新的な経営を展開する企業)の社員に求められるのは、会社と同じ方向性で、がむしゃらに目標達成を目指す精神です。

そんな会社に入りたいと思っている方が、細かい労務の事を気にするようでは、忙しい激務には耐えられないと判断されかねません。

ノルマはありますか?(営業職)

営業職は、売上や件数といった数字で成果が図れる職種で、他のどの職種よりも数字に重点を置いています。
営業職に応募しておきながら、「ノルマはありますか?」の質問は、もはや営業職に応募しないでください。
と言いたくなる求職者です。

作業をこなすだけでは全く評価はされず、日々の数字を達成してはじめて、評価を得る事ができます。
その数字を出す為に、ノルマが設定されるのはごく当たり前の事です。

履歴書の希望欄に給与を書く

ヘッドハンティングをされた場合などを除き、希望給与欄は空欄のままにしておきましょう。
転職をする場合、大抵の方は、転職者向けの求人サイトを利用しますが、ほとんどの求人には◯十万円、◯十万円〜、の表記があります。

経験則ですが、自ら転職をする方は転職をする度に年収は下がる傾向にあります。
年収を上げる為の転職は、知り合いから引きぬかれたりする転職です。

自分に自身があったとしても、入社時の収入については規定をラインに考えましょう。
よっぽど貴方が、その企業から来て欲しい人材であれば、その雰囲気が感じられた時に、交渉する事も可能です。

転職サイト一覧
スポンサードサーチ

関連記事

既婚者の転職

面接の時、面接官はまず履歴書に目を通し突っ込む所を探します。 気になる部分は、不要家族の有無。

記事を読む

女性の転職

 女性も男性と同様に働ける様になってきたとはいえ、まだまだ先進国に比べると、遅れている日本ですが、国

記事を読む

異業種への転職

先日、無料相談フォームより、転職を考えている方より、お問い合わせがありました。 転職をする際、異業

記事を読む

書類選考は採用担当の目に触れてから1分で決まる!?

 みなさんは、自分が一生懸命考えて綺麗に仕上げた履歴書を企業の採用担当者がどれだけの時間をかけて見て

記事を読む

絶対に企業が採用したく無いのはこんな人

 多くの面接をしていると、少し話しをしただけで、どのような方なのかを大体つかむ事がが出来るようになっ

記事を読む

新着記事

だめな質問

面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に...

記事を読む

面接時の転職理由に関しての相談

題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし...

記事を読む

厚生労働省データ

転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後...

記事を読む

年収アップの転職術

年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。 ...

記事を読む

未払い残業代の計算方法と請求方法

自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無...

記事を読む

PREV :
NEXT :

ad1

だめな質問
面接で質問するとマイナスイメージにつながる聞き方

ほとんどの場合、求職者へ面接官からの質問が終わると、求職者からの質問に

面接時の転職理由に関しての相談

題名: 面接時の転職理由に関して メッセージ本文: はじめまし

厚生労働省データ
転職シーズン到来!求人数の増える今がチャンス

年末年始のお休みモードからも抜けだした1月後半。 景気の回復も後

年収アップの転職術
年収アップ転職を成功させる為のたった1つの大切な事

転職で成功する求職者の多くは、在職中に次の転職先を決めています。

未払い残業代の計算方法と請求方法

自分は特殊な職種だから残業代が出ない。 または、管理職だから残業が無

→もっと見る

PAGE TOP ↑